スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PSO2 マターボードについてとか雑談
2013年02月22日 (金) | 編集 |
SS_フラッシュサウザンド終

久しぶりにPSO2をやってみて気がついたことを書きたいと思います。

気分転換にファイターでナックル使ってみました(上のSS)

今回気がついたことはマターボード仕様変更ですね。

マターボードってのはイベントを進行するシステムみたいなもんですね。

SS_マターボード

こちらがマターボードとなります。丸マークごとに指令があってそれをクリアしていくことによってストーリーが進むって感じですね。

青く光ってるのが受注できるマーク、消えてるのがクリアしたマーク、小さいのがまだ受注できないマークですね。

ちなみにクエストはモンスターから特定の武器防具をドロップが大体であとはストーリーに関するイベントとかがちょいちょいですね。

いままでは1個受注してクエスト内で武器防具をドロップしてクエストクリアした後に条件達成という感じだったので1個づつしか出来なくて結構めんどうだったのですが、今は受注して無くても青く光ってるのはまとめて達成できるようになったんですね。

同じフィールドに出るモンスターとか同じモンスターからドロップってのが結構あるので1回のクエストで多数ドロップし達成できるのはかなり便利になったと思います。

大型アップデートがあったのかな?今回はあんまりがっつりやってないので気がついたのはこのくらいですね。

私の感想ですがPSO2ってちょっとやる分には面白いのですがしばらくやってると飽きるんですよね;

私がハンター、ファイターメインだからかも知れませんが近接武器って結構ストレス溜まりますよね。

久しぶりにやって気になったのが小型モンスターが邪魔すぎるんですよね。モンスターが仲良しなのか個体ごとの動作にそれぞれが干渉しないんですよね。

一応、ダーカーと原生生物(両方とも敵モンスター)は対立しているのでダメージが当たるみたいですが同種族だと動作が干渉しないんですよね。

MHFとかだったら小型モンスターが大型モンスターに倒されたり小型同士でもぶつかって怯んだりしてますがそう言うのが無いって事ですね。

このうえダメージが連続でヒットするので群れられるとかなりストレスが貯まるんですよね。

しかも大型モンスターの足元で戦ってて小型モンスターに群れられたら大型モンスターをすり抜けて攻撃が当たるのかHPがガツガツ減らされるので大変ですよね。

やっぱりガンナー系の方が楽なんですかね。特にダメージが落ちる訳じゃないですし近接武器が扱いにくいってのは結構前からではあるんですけどね。

切り良くファイターLv30くらいになったらレンジャーに転向しようかなと思ったり。

また何か記事になりそうなことがあったらちょろっと載せようかと思います。ではノシ
スポンサーサイト
PSO2 ゲームの紹介 [シンボルアート]
2012年09月28日 (金) | 編集 |
今回はシンボルアートを紹介しようと思います。

これはいろんな形のパーツを組み合わせて絵を描くシステムなのですがショップのちょっとした広告とかプロフィール紹介とかに載せたり出来るんですよね。

私はまだ無課金でやってるのですが結構ショップで売りだされている課金防具を狙ってたりします。下のSSの黄色い服もそうですね。関係無い話ですが課金しなくてもゲーム内のお金を頑張って集めれば買えたりします。(人気のある服はすごい高いですが)

話は戻りますが上記に書いたショップの広告でかなり凝ったシンボルアートを多く見かける訳です。実写に近いやつとかアニメキャラとか様々ですがみんなすごいなーと思いちょっとやってみようかなと言う事で私も作って見ました。

シンボルアート_カッ

今回作ったのはペルソナシリーズで召喚した時にでる「カッ」っていうカットインです。

PSO2にはマグ(肩の上に浮いてるやつ)っていう補助装置みたいのがあって敵にダメージを与えているとフォトンブラストという幻獣を召喚できる技が使えるのでそれに合わせて使いたいなぁーと思って作りました。

制作時間としては結構かかっちゃいましたね。何と言っても丸とか四角の図形や曲線などの決まったパーツで作って行くので自分の使いたいような曲線や太さが調整しにくいんですよね。

でも、どんどん完成に近付いてくると満足感があって面白いと思いました。

今回使ったパーツは120個くらい使ったかな? 最高で225個まで使えるみたいですね。

顔は結構順調に作れたのですが髪型が難しかったです。一応使ってるキャラクターに似せて作ったつもりなんですけどね^^; なかなか難しいなぁと思いました。

完成していざっと思いましたがオートワードにフォトンブラストが無かったのでスキル発動時に出るようにしました。残念;;

凄い上手なシンボルアートがいっぱいあるので作ってる皆さん凄いなぁと思いますね。

イベント_秋02

ちなみにPSO2のゲーム内は秋のイベント中ですね。広場の真ん中には大きな木とうさぎ、後はふわふわ浮いてる月とそれに乗ってる餅付きうさぎが木の周囲を回ってる感じでモニュメントが置いてあります。

PSO2は広場でもプレイヤーはぴょんぴょん飛び回れるのでうさぎの頭の上に乗ってSSを撮ってたのですが1人のプレイヤーが近付いてきてシンボルアートでうさぎが「ぐぬぬ」って言ってる絵を出してきたので笑ってしまいました^^

シンボルアートはそういうコミュニケーションにも使えて面白いんだなぁと思いました。

他にもシンボルアートが完成したら紹介してみようかなと思ったりしてます。ではノシ
PSO2 ゲームの紹介 [キャンプシップ]
2012年09月16日 (日) | 編集 |
今回はクエストを受けた後一度移動するキャンプシップについて紹介しようと思います。

ロビーでクエストを受けた後ここに移動して準備をした後クエストのエリアに出発する形となります。

MHFで言えば求人部屋みたいな感じですね。広場→求人部屋→クエストって感じです。

ここには設備が5個あるのですがこれがかなり便利なんですよね。PSO2のこういうシステム関係は本当に良い感じで作られていると思います。

SS_設備ショップ倉庫

まずは真ん中正面はクエスト出発口で左側はショップ、右側は倉庫となります。ショップはアイテムの売り買い等、倉庫は普通にアイテムの引き出しですね。

SS_設備クエストメディカル

次に正面中央が受付ロビーに戻る出口で左側がクエスト受付、右側がメディカルです。クエスト受付はここで違うクエストに選び直したりする事ができます。メディカルは攻撃、防御上昇などの効果を付けれる薬のシステムが使えます。

SS_設備PT募集

最後にPT募集のポイントですね。ここではストーリー等に絡むNPCで仲間に出来るキャラを呼んだりできる場所ですね。MHFでいえばフォスタとかラスタな感じです。

ただMHFと違うのは自分でどの武器を使うキャラかを選べる所ですね。あと強さとしてはプレイヤーと同じLvにはなってますが体感ではちょっと弱めな感じもします。

ここにある設備は外の施設にあるものをまとめてクエスト前に操作出来るって感じにまとまってるんですよね。しかも無課金でも普通に使えます。MHFのEXコースを取られてる身としては基本無料なのに太っ腹だなーと思うわけです。

元々無課金プレイでもゲームに不自由の無いようにするってスタンスでしたからね。こういうあたりは凄いなと思いました。

はっきり言ってMHFががめついだけなんですけどね。話は変わりますがMHFGの発表になってただの月課金では十分に遊べないゲームになって行くのかなとちょっと思ってます。

昔の課金の定義は(私的に)防具等でスキルが充実すればクエストが早く終わる程度のものだったのであまりゲームのバランスに影響は無いと思ってたのですが今は課金ありきの秘伝書システムなのでゲームのバランスに影響が出てると思うんですよね。

SR上げが辛いと言えばネカフェで上げれば良いと返答が来るのはそう言う事なんだと思います。

F5で課金コースを無料開放されますがたぶん一つづつ小出しにすると思います。現状の課金コースってプレミアム+アシストとかプレミアム+秘伝とかセットで課金して効果が得られるものがほとんどなんですよね。

F5中の無料期間にSRをあげようとか運営は宣伝してますが運営の本心はそれプラス他の課金コースの売り上げに期待してるって事なんですよね。もちろんそれに合わせてネカフェの売り上げも上がるかもしれません。

こういう金儲け重視の体制は今に始まった事ではないですがPSO2を見ていてMHFは本当につまらなくなってるなと思うわけです。

あと現状のマンネリ化を解消するためのG級実装ですね。MHFはHR/SRごとに受けられるクエストが違うのはご存知の通りですが、新たに追加になるG級は変種クエやHCクエよりはるかに到達難易度が高いです。

そういう点を考えるとMHFGからプレイヤーの住み分けは秘伝書実装より酷いものになりそうな気がします。もしかしたらMHFの決定的な失敗になる可能性もあるので注視する必要がありますね。

新しいコンテンツが実装されるのは嬉しいですが基本課金してる全てのプレイヤーが楽しめるのが前提で開発をして欲しいなと思います。ではノシ
PSO2 ゲームの紹介 その2 [ロック、オートワード]
2012年09月08日 (土) | 編集 |
PSO2の紹介その2です。

これは面白いなってのを先に紹介しちゃおうと思います。

まだ全てのシステムを理解してる訳ではないのですが今回紹介するのはロック機能とオートワードです。

SS_アイテムリスト

まずはロック機能です。

上のSSの用に武器の横にある赤マルで囲っている錠前のマークがロックしてる表示ですね。

これを使うとアイテムを売ったりするときにそのアイテムが表示されないんですよね。そのため間違えて売ってしまったとかいうミスを防ぐ事が出来るようになってます。これは便利な機能ですよね。

ついでに倉庫を紹介すると無課金だと最大で200個までです。あとプレミアム倉庫の横にあるAのマークは課金が必要って表示ですね。

ちなみにプレミアムが300個、拡張が500個の追加となります。これらは30日とか90日とか日数限定の使用となりますが期間が切れても取り出しは出来るようです。

極力お金をかけたくない人はアイテムがいっぱいになったら使わないアイテム(イベント武器とか)をまとめて入れるようにすると良いかもしれませんね。

SS_オートワード

次にオートワードです。

これは登録しておくと状況に応じて自動でチャット発言がされる機能です。

MHFでもクエストの開始に「よろしくお願いします」とか終わったら「お疲れ様です」とかショートカットキーに登録しておいて打ちますよね。

そういう決まった挨拶を登録しておく事で文字を打つ手間を省略できるってのが便利だと思いました。

このオートワードは結構いろんな種類があって補助を受けた時、誰かがLvアップした時とか戦闘不能になった時、技を発動した時ってのもあったかな? いろいろプレイヤーごとに個性が出そうで面白いですよね。

今回はこの2つですね。

あと面白いというか良い点で紹介したいのはクエスト出発ロビーかな。あとは不満な点を多々紹介して終わりかなと思います。

PSO2自体のイベントなどの紹介は載せようかまだ決めてません。んー、MHFも特に紹介したい事が無いのでネタが無くなって来たら考えようと思います。

MHFは皆さんF5から本気出すって感じですかね? 私も現状の気分だとそんな感じなんですよね; 今はちょっとINして天嵐防具のHC素材をコツコツ集めてる感じです。

しかし天嵐防具から覇種防具になるらしいですがこれって何部位必要なんですかね?

今テンプレ装備になってるウブワフ装備(超絶Ⅵ、ウインド、ブリッツ、ワダツミ、フレイム)みたいにバラバラの種類で強化してても覇種の効果があるのかな?と思ったりしてます。

まぁ私はブリッツ胴腕腰しか持ってないんですが・・・、まあ情報がまだ不十分な状態なのでこれという目標が見つからないってのもあんまりやる気がない原因かもしれませんね。

HC武器も中途半端なので完成させて紹介できたらいいなと思います。ではノシ
PSO2 ゲームの紹介 その1 [モニター]
2012年09月08日 (土) | 編集 |
最近ちょっとPSO2をやってるので何回かに分けて紹介したいと思います。

今回は大小モニターとモニターブースです。ではSSを見ながら説明しようと思います。

SS_ブース

上のSSがモニターブースとなります。茶色い範囲に入るとモニターに流れている画像の音楽に切り替わります。その外だと街の音楽って事ですね。

SS_初音ミク02

SS_PV放送

モニターにはゲームのOPとか初音ミクの曲とかアップデートのPVが流れています。

これって凄い新しいですよね。まさかゲーム内でPVを見ることが出来るとは思いませんでした。しかも画質は下がりますが普通のPVのまま流してますからね。

MHFをやっていると広場での楽しみがないって常々思っているのでこういうのは面白いなぁと思うんですよね。

まぁPSO2の世界観だからできるって言うのもありますけどね。拠点となる広場は宇宙戦艦の中となります。プレイヤーが移動できるエリアはクエストを受ける受付ホールとアイテム屋とか集まっている広場の2つですね。

SS_風景街

SS_風景宇宙

ちなみに上のSSの外が宇宙になってるのが受付ロビー、外が街になっているのが広場です。

こういう未来的世界観の設定のため街の至る所にモニターがあったりしててもおかしくないですからね。

さすがにMHFの世界観でPV映像が流れるのは無いでしょう。そういう舞台設定は大事にして欲しいですもんね。しかし広場1つで完結してるMHFは何か物足りなさを感じますね。

今回の話はここまでです。いっぺんに紹介すると長くなるので小分けにして紹介しようと思います。

ゲームを取り巻く環境は良い印象が多くゲーム自体は悪い印象があるってのが現状の感想です。良い所ばかりではないのでそのあたりも今後紹介しようと思います。ではノシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。